空室は不動産オーナーの悩み

空室は不動産オーナーの悩み

 不動産オーナーとして、テナントの誘致というのは、大きな課題の一つだといえるでしょう。空室が長く続いてしまうと、その不動産の収益というのは、がたっと落ちてしまいます。長ければ長いほど、収益は減ってしまいますし、そうなるとその不動産自体の印象も悪くなります。空き室の多い不動産というのは、どうしてもいい印象にはなりません。 そうなると、そういった印象の悪い不動産に入居していたくない、と考えるテナントも出て来てしまうでしょう。そうなると、さらに悪いスパイラルに落ちいってしまいます。 ビルの収益確保のためにも、ビルの印象を保つためにも、不動産オーナーはできるだけ空室を長引かせないように、常に頭を悩ませているといえます。

不動産投資熱が活発になってきています

 今年になってから、やはり景気回復の期待が高まっているのか、不動産売買がさかんになってきました。 私は不動産会社に勤めていますが、不動産売買の問い合わせが少し前の数倍になっています。特に中古マンションなどの不動産のうごきが出てきていますね。投機目的なのでしょうか。 これから株価や地価が上がるという期待からか、不動産投資が活発になりつつあります。私のオススメの不動産投資はやはり中古マンションや、中古の一軒屋ですね。新築のマンションはあまりオススメしません。 特に2000万から4000万くらいの中古マンションがオススメです。年末には値上がりが期待できるところですね。ぜひ景気がよくなって、もっと不動産売買が活発になってほしいものです。

Blog

Calendar