競売の前に任意売却があります

競売の前に任意売却があります

 テレビのコマーシャルや新聞の折り込みチラシなどで必ず目にするのは不動産会社の広告です。 今や、多種多様な不動産会社がとてもたくさんある中でどうやって長い付き合いをしていく会社を選べばいいのでしょう。 個人が不動産契約をする場合やはり、いくつも実際に不動産会社をまわり話をすることが重要です。 不動産契約に関する事だけではなく、接客態度と不透明な情報への対応を見極める事が肝心です。 不動産契約には不利益につながる事を避けるために不透明にしたい情報などが、お互いに多かれ少なかれあると思います。 そんな情報をこちらがつっこまなくても、自ら話してくれる、しかも対応方法などもアドバイスしてくれる...そうするとこちらも同様の事をしたくなりますよね。そうやって信頼関係を築ける相手を探すのです。 やはり、会社とは「人」ですね。

不動産投資のメリット

 不動産投資というと「金額が高い」「値下がりした場合の損失が大きい」「売買がスムーズにいかない可能性がある」など、デメリット部分が目につきがちですが、投資の方法同士を比較した場合に、不動産投資にしかないメリットというものも数多くあります。 不動産投資のメリットの1つは「価値がまったくゼロになることはない」ということです。この部分を示して、例えば預金や貯金がローリスクローリターンの投資だとすると、株式投資は元本がゼロになる可能性のあるハイリスクハイリターンということになりますが、不動産は上物と土地のうち、土地の価値がゼロになることはまず都心を中心に考えにくいといえます。 また、不動産投資はローンの完済計画を確実に実行できれば、退職後の定期収入や万が一の際に家族へ残す遺産の一環としても有効です。

Blog

Calendar