任意売却には時間がかかるケースが多い

任意売却には時間がかかるケースが多い

 短期の不動産賃貸に使用される定期借地借家契約というのがあります。定期借地借家契約というのは、不動産を賃貸する期間の期限が、不動産契約を開始する時点で決まってしまっている契約のことを意味します。逆に、普通の賃貸借契約の場合、不動産の契約期間が終わっても、契約の更新が可能です。しかし、定期借地借家契約の場合には、その更新というのがありません。期間が終わったら、その時点で出て行かなければならないのです。 こういった定期借地借家契約を使う不動産賃貸に、たとえば、短期で出店するお店などがあります。バレンタイン限定のチョコレート店などがいい例です。また、選挙事務所などで不動産を使う場合にも、こういった定期借地借家契約が用いられることがあります。

不動産フリーレントの対価

 不動産を借りるにあたって、フリーレントがついている不動産を見つけたことのある人もいるでしょう。フリーレントがあれば、入居して最初の時期には、賃料を払わずに住むことになります。その期間はその不動産によってさまざまですが、テナントとしては賃料免除は嬉しいことです。 けれど、すぐにそこで不動産の契約に飛びついてはいけません。フリーレントをするのであれば、不動産オーナーにとっても何かしらメリットがあるはずです。実際、フリーレントを受けるのに対して、その不動産から退去をしてはいけない期間が決まっていたりします。その不動産に長くいるつもりであれば問題はありませんが、不動産の契約をするにあたって、きちんと確認をすべき点だといえます。

Blog

Calendar