任意売却を行う方が競売よりも債務の回収が大きい

任意売却を行う方が競売よりも債務の回収が大きい

 不動産を購入すると決意する前にどのような物件を購入するのか決める必要があります。 不動産を購入するに当たって、新築、中古、一戸建て、マンション?、予算はいくら?、小学校は近い?、病院は近い?、システムキッチンは必要?、駅から徒歩何分?、自転車置き場、駐車場はある?、増築、または改築はできる?、十年後この土地、地価はどうなっている?、治安はどう?、住む市は助成金など子育てに向いている?など不動産屋に行く前にある程度自分で条件だしする必要があります。 一人で不動産を購入する場合は自分一人で条件だしをして購入できますが、家族で住む場合は夫は仕事中心の生活に家にいる時間も少ないので奥さんがどの不動産を購入する上での条件だしした物をメインにする必要があります。 不動産購入を奥さんに全て任せるのではなく互いに主張し折り合いを付け購入すればお互い納得できる住宅、不動産となります。

 

老後の暮らしのための不動産投資

 老後の生活を考えると、本当にもらえるのかどうかわからない年金に頼っていられない将来に悲観的になります。 しかしいくら悲観していても、生活はできませんから、自衛手段として老後のために貯金をするというのが多くの人の考えでしょう。 中には、不動産投資をする人もいます。 不動産投資では、立地の良いマンションなどを購入すれば、毎月定期的に賃貸料が入ってくるのですから、これは有難いことです。 不動産で安定した賃貸料を得るためには、借り手の多い便利な物件であることが重要です。 通勤に便利、スーパーや学校が近い不動産や、部屋が広くてきれいな不動産の魅力も重要です。 さらに管理が必要ですから、信頼できる不動産屋がいるか、自分の住まいに近いかどうかも検討しなくてはいけませんね。

Blog

Calendar