任意売却の相場というのはどうなのでしょうか?

任意売却の相場というのはどうなのでしょうか?

任意売却の相場というのはどうなのでしょうか? 任意売却を行う場合には、ほとんどの場合市場の価格の相場よりも安くなります。 不動産で、安いものというのはそれなりの条件というものがあります。 任意売却を行うと言うことは、やはり任意売却を行わなければならない理由があるためなのです。 どうして任意売却の場合に安くなるのかというと、瑕疵担保責任免責ということがあるためなのです。 瑕疵担保責任免責は、「引渡しを行った後、万一見た目ではよく分からないような欠陥が見つかり、その欠陥について販売主が知らなかったような場合、その瑕疵に関しては一切責任を負わない」と言うようなものです。 このようなことから、瑕疵に関する費用を捻出することが困難であるため、安くなるのですね。

 

任意売却を避けるために銀行への元本の返済を減らす

住宅ローンの毎月の返済が遅れてきだすと、ローンを借りている銀行から、任意売却の話をされるようになることがあります。 また、場合によっては銀行として許容可能な範囲であれば、任意売却の話ではなく、銀行への元本の返済を減らすことをアドバイスしてくれたりすることもあります。 銀行への元本の返済を減らすことと任意売却についてご紹介しましょう。 銀行への元本の返済を減らすというのは、例えば、従来毎月の返済額が10万円であった場合に、毎月の返済が3年間だけ7万円に少なくしてくれたとしましょう。 しかし、4年目からは返済が厳しくなります。 それまでの3年間の返済額を少なくしてもらっただけの金額を加えて、返済を行うことが必要になってきます。 そのため、3年間が終わるとすぐに任意売却を行うことになり、自分の家を手放す方が非常に多いのです。 任意売却を一時的に避けるために、銀行への元本の返済を減らすことはやめましょう。

 

Blog

Calendar