任意売却を進めるにあたっての業者選定パターン

任意売却を進めるにあたっての業者選定パターン

 任意売却を進めるにあたって、どのような業者を選定すればスムーズになるでしょうか。 内容について書いていきたいと思います。  まず、多くの業者から借金があり、その借金返済の一環として任意売却を行う場合には、弁護士に相談して、任意売却手続きを進めるべきでしょう。次に、現在の住宅ローンの支払いが難しく、任意売却によってその支払いを軽減したい場合ですが、任意売却専門の不動産業者に相談し、任意売却の手続きを取っていくべきでしょう。任意売却専門業者であれば、その任意売却に必要な書類や交渉方法を熟知しているためです。 また、ただ単に住宅ローンの支払いが苦しく状況を改善したい(ただし、住宅の保有は続けたい)ということであれば、住宅ローンアドバイザに依頼し、現状のローン支払い方法を検討してみてはいかがでしょうか。  それぞれの状況によりその対応方法も異なるので、その状況にあった業者に相談することが必要です。

 

任意売却の前に個人再生の道?

住宅ローンの返済ができないことから任意売却を検討している人が少なくありませんが、もし、住宅ローン以外の借金が多いことで任意売却を迫られているなら、個人再生を利用することで、任意売却をしなくても済む可能性があります。 個人再生とは、住宅ローン以外の借金を減額してもらい、3年以内に分割返済していく債務整理のことです。任意売却とは違って、家を手放さずに借金を整理することを目的としています。 個人再生では、住宅ローン以外の借金が5,000万円未満であること、継続的に得られる収入があること、などが申請できる条件になっており、一定の金額まで減額された借金を3年以内に返済する計画を立て、それを裁判所に認めてもらうことが必要です。 個人再生では住宅ローンは一切減額されませんが、「住宅ローン特則」という制度があり、完済期限の延長によって毎月の支払金額を少なくすることもできます。 個人再生が承認されれば、任意売却をしなくて済むかもしれません。

Blog

Calendar