住宅ローンの月々の支払いの減額と任意売却

住宅ローンの月々の支払いの減額と任意売却

 住宅ローンの支払いが難しい時ですが、解決方法は二つほどあります。 まずが月々の支払いを減らすという方法と、次は任意売却です。 月々の返済を減らす方法はちょっとした返済額の減額で対処できる場合に利用できます。 一方で任意売却は借金の支払い額を減らしても対処できない時に利用できます。 任意売却は最後の手段という考え方もできます。 ですので、まずは借金の減額を狙いまして、 それでも解決できない感じでしたらにに売却というものを選択すべきです。 では任意売却ではなく借金の減額を選択した場合ですが、各債権者に支払いの条件を交渉します。 あくまで交渉です。 受け入れてくれないケースもありますので、過度に期待しないでください。 任意売却も頭に入れておきましょう。

任意売却での金融機関との交渉

任意売却というのは、競売のように強制的に売却されるのではなく、自分の意志(任意)で住宅を売却することを言います。 しかし、住宅をローンを組んで買っている場合は、抵当権というのものが設定されており、金融機関に無断で勝手に売ることはできません。 したがって、任意売却をするためには、金融機関から売却の許可を得る交渉が必要となります。 任意売却業者を利用する場合は、この交渉は業者が代行してくれますから安心です。 交渉がうまくいくかどうか依頼者にとっては不安でしょうが、金融機関も任意売却は認めてくれることが多いので大丈夫です。 任意売却では競売よりも高く売れることが多いですし、競売は金融機関にとっても手間がかかります。 金融機関にとっても、任意売却をしてもらえるほうが都合がいいのです。

Blog

Calendar