競売の前に任意売却があります

競売の前に任意売却があります

 住宅ローンが支払えなくなった時にどうなるかという質問をすると、多くの人が競売にかけられると答えます。もちろんその場合もあるのですが、競売以外にも任意売却というものがあります。 基本的に、競売にかけられると平均的な相場より売値が下がってしまいます。そこで、債権者と債務者双方の合意の下で任意売却の手続きを行うのです。競売にかけるより平均相場に近い額での売却が期待出来ますので、任意売却は双方にとってメリットがあるのです。 なお、任意売却は不動産会社が仲介役を努める場合が多いです。また、任意売却の仲介を専門的に扱っている業者もあります。いずれにしても、日々住宅ローンの支払いが不能になった物件の情報収集に努めています。

 

任意売却の際の価格の妥当性とは

 金融機関などの抵当権者が債務者に抵当不動産の任意売却を要請する場合には、最低水準の売却予定価格を示し、それ以上の価格で任意売却を行うように指示するというのが一般的になっています。この売却予定価格を設定する際に、債務者側はより多くの債務を解消するために、後順位抵当権者等は自身の被担保債権の回収を意図し、当該不動産の適正な価格を無視した設定を行うことがあります。しかしながらこうした設定では任意売却が困難になったり長期化を要したりすることがありますので、任意売却を成功させるために債務者と各利害関係人等の間で十分な調整を行うことも必要になります。 抵当不動産の任意売却にあたって、買受人が担保提供者の親戚など密接な関係を有する場合、売却価格の妥当性により注意する必要があります。

 

【神奈川県(横浜市)】
横浜市/ 鶴見区/ 神奈川区/ 西区/ 中区/ 南区/ 港南区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 磯子区/ 金沢区
港北区/ 緑区/ 青葉区/ 都筑区/ 栄区/ 泉区/ 瀬谷区/ 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
川崎市/ 川崎区/ 幸区/ 中原区/ 高津区/ 宮前区/ 多摩区/ 麻生区

Blog

Calendar