任意売却には時間がかかるケースが多い

任意売却には時間がかかるケースが多い

 専門の業者に任意売却を依頼したとき、その時点で引越し先を決めたりと行動を起こす方も多いです。 ただし、任意売却を行ったからといって、すぐに家を売却できるとは限りませんので、焦ることなくその時の状況に合わせて行動する必要があるのです。 任意売却の手続きを行った場合、実際に家が売却されるまで半年や一年など長い期間がかかるケースも多いのです。 早々に賃貸物件を契約してしまいますと、まだ売却前の家に住み続けられるのに、賃貸物件の家賃を余分に払うことになってしまいます。 任意売却を初めて行う方は、任意売却業者のアドバイスに従って適切な時期に賃貸物件の契約を行うようにしましょう。 任意売却で損をしないためには、この点について知っておくと安心です。

任意売却の特徴について

 任意売却の特徴について説明します。まず任意売却の方法ですが、競売と違って多くの場合売主と債権者とが一番良い方法になるように協力して手続きが進みます。一方競売は裁判所の指示によって進んでいくので、売主の意志は聞いてもらえないでしょう。また任意売却は物件情報は明け渡しまでの期間が比較的短い傾向があります。また時期も買主と相談して決まることが多いです。また任意売却はその売却額が競売よりも高値で売れる可能性が非常に高いです。これに対し競売は任意売却よりも安い売却額になることが多いですし、債権者側との手続きも複雑で残責務も多く残ります。一方任意売却は残責務が非常に少なくなることが多く、手続き等も短くすむことが多いでしょう。

Blog

Calendar