任意売却を行う方が競売よりも債務の回収が大きい

任意売却を行う方が競売よりも債務の回収が大きい

 任意売却は、住宅ローンなどを返済することが難しくなったような場合、業者が債権者と債務者の間に入って両方が了解した上で、対象の物件を任意に売ることです。 一方、競売の場合には、開札日まで落札の金額を知ることができないため、任意売却に比べて将来的なプランがたてにくく、メンタル的な負担も大きいそうです。 金額に関しては、購入する側にリフォームが必要などというような心配な要素が多いので、2〜5割程度市場の価格よりも安くなる場合が多いそうです。 任意売却の方法で売却を行うと、債務者は残った債務を整理して少なくすることができたり、債務を再度構築することがしやすくなったりします。 債権者にとっても、任意売却を行う方が競売よりも債務の回収が大きくできるなど、両方が了解できる条件で任意売却を行うことが可能です。

 

住宅ローン以外の借金と任意売却

住宅ローン以外に借金がある方もかなりいらっしゃいます。 住宅ローンですが、任意売却で解決を目指すべきものなのですが、 住宅ローン以外の借金があると少し複雑になってしまいます。 任意売却後にいろいろな不具合が出てきてしまうこともあるわけです。 注意して対応しなければいけません。 ただ、住宅ローンが支払えなくなると、借金をして住宅ローンを払おうという方もいます。 それでは根本的な解決にはなりません。 借金はせずに早急に任意売却をすべきです。 仮に住宅ローン以外に借金がある状態で任意売却を行うと、 そちらの借金について債務整理しなければいけない状況になる場合もあります。 なかなか借金問題が解決しなくなってしまうことも考えられるわけです。 任意売却をスムーズに行うためにも新しい借金はしないでください。

Blog

Calendar