任意売却が思うようにできないとき

任意売却が思うようにできないとき

任意売却を何のために行うのかということをよく分かっていないと、任意売却の効果は半分になってしまいます。 住宅ローンなどの返済を行うことができなくなったということで、自分の家を売却しても借金が全部無くなったということではありません。 自分の家を売却しても、ほとんどの場合住宅ローンなどの債務が残ってしまいます。 では任意売却をどうしてしなければいけないのでしょうか? その理由は任意売却を行うことで、自分の家を少しでも高く売却して、できるだけ多くの金額を債権者に返すためです。 そのような気持ちを見せることで、任意売却の代金の一部を自分の手元にも残すことができるのです。 そして、任意売却を行った後に残った住宅ローンなどを少なくしてもらい、毎月の返済額を大きく減らしてもらうことができます。

 

任意売却が競売よりも債務を回収することができやすい

 任意売却は、住宅ローンなどの返済を行うことが難しくなった時、債務者と銀行などの債権者の間に不動産業者などの仲介を行う人が入って、担保した不動産を競売する前に債権者に依頼して、両方が了解のもとで、その不動産を普通の販売物件として売却を行うことです。 一般的に、いろいろな理由から債務者が返済を行うことが難しくなり、催告書をそのままにして返済を行わなかったような場合、債権者は競売にかけて費用を回収します。 しかしながら、市場の価格の相場よりも2〜5割程度安い価格になることがほとんどのため、債務者は残った債務が大きくなることがあります。 しかしながら、任意売却の場合には債務者は残った債務を縮小することを行いやすく、さらに債権者も任意売却が競売よりも債務を回収することができやすいというメリットがあります。

Blog

Calendar